¥5,000

国産の最高級の桐を使用した乳歯ケースです。乳歯は早いお子様は6歳前後から12歳くらいまでに永久歯へと生え変わります。

大切なお子様の思い出として、友人や親せきの出産祝い、内祝いなどに大変喜ばれています。makoオリジナルデザインに無料でお子様の名入れをしお届けします。

商品カテゴリー: ,

説明

桐は大変軽量な素材ながら、耐久性が非常に高く、天然の防湿材、防虫効果を持ちあわせています。桐箱の中にはお子様の歯をひとつひとつ保管できる穴があいています。国産の最高級桐を職人がひとつひとつ丁寧に手作りで作っています。

日本では、乳歯が抜けると「ネズミの歯と替えてくれ」と屋根の上に投げる習慣がありますが、西洋では、抜けた乳歯を枕の下にいれて寝ると、歯の妖精(トゥース・フェアリー)がそれをとりにきて、コインやプレゼントにかえてくれるというおとぎ話があります。西洋では幼稚園でもそのお話しを教えているため、子供たちは歯が抜けるとウキウキして抜けた歯を専用の箱にいれて保管します。

最近は日本でもお子様の大切な成長の記録として保管する方もふえています。ご自身のお子様の乳歯保管としても、友人へのプレゼントとしても大変喜ばれています。大切な方へのギフトとしてぜひご活用ください。


ギフトボックス付/送料別

配送料:全国一律800円
北海道1,500円
沖縄1,800円

15,000円以上のお買い物で送料無料。
こちらの地域は追加料金が加算されます
北海道700円
沖縄1,000円

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください